乳酸菌で理想の腸内フローラに|アクトウェブ 気になる話題

便秘、アトピー、花粉症 改善するなら乳酸菌で腸内環境を改善しよう!

乳酸菌で理想の腸内フローラに

2017-05-01 00:00


便秘やアトピー、花粉症などを改善


改善に効果的なのは理想の腸内フローラを作ること!理想の腸内フローラを作れば快便で免疫力アップ!アトピーも花粉症にも効果あり!まずはそれぞれの原因から探ってみましょう。

※テレビやネット、情報誌など、色々な情報を収集・考察して当記事を掲載していますが、専門家ではありませんので内容に不備がある可能性があります。あくまでひとつの意見として自己責任でのご利用をお願いします。

便秘


おなかの張りがあるのに・・・もう何日も出ていない・・・スッキリしたい!つらい便秘は女性にとっては天敵です。ストレスでお肌ガサガサなんてことも多いですよね。便秘を治すにはまずは便秘のメカニズムを知ることです。しっかりとした腸内環境を作ることこそ便秘を解消する秘訣です。


便秘の原因


便秘の原因にはもちろん様々ありますが、主に腸内細菌のバランスが悪い、便意の我慢、ストレスなどが多いようです。


腸内細菌のバランス:腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌があります。簡単に言うと善玉菌はおなかに良い影響を与える菌、悪玉菌はおなかに悪い影響を与える菌です。日和見菌とは中立の菌で、善玉菌が多い腸内では善玉菌の、悪玉菌が多い腸内では悪玉菌の味方をするちょっといやらしい菌です。善玉菌を増やすことで腸内を良い状態に保つことが便秘改善の第一歩です。すでに便秘になっている時には大腸が原因の場合が多く、大腸に効くのがビフィズス菌(生きて腸まで届かなくては意味がありませんが)、予防には小腸には乳酸菌を増やし腸内環境を整えることが大事です。


便意の我慢:人間の便意には波があります。便意がある時に排便しないと数分で便意が消えてしまうため、便意のある時に出しそびれると段々と便が溜まり、時間とともに硬くなりより出しにくくなります。便秘を治すには便意がきたらなるべくすぐ出せる環境を作ることも大事です。


ストレス: 万病の元、ストレス。便秘にもストレスは関係しています。ストレスにより自律神経のバランスが悪くなると腸の動きも悪くなり便秘になってしまいます。便秘が新たなストレスにもなりますのでなるべくストレスの無い生活を送りたいものです。


運動不足: 運動をすることにより腸の動きが活発になり便秘を解消できることがあります。また、排便には最低限の括約筋や腹筋が必要になります。運動不足で筋力が不足すると排便が困難になります。女性に便秘が多いのもこれが理由でしょうか。私の知人の言葉で心に残る名言があります。

「う○こなんか腹筋鍛えれば一発でぶっぱなせるぜ!たまに切れるけどな!」


まあ下品(笑) そんな感じで適度な運動で腸内を活発に動かしストレスを解消し、下半身を鍛えることで排便できる筋力をつけてみてはいかがですか。


便秘の解消


上記の原因をふまえ、毎日ストレスにならない程度に自分にあった楽しめる運動をして、乳酸菌とビフィズス菌を両方摂取、最低限、便意がきた時にいける状態であれば早めに行くことで解消されるかもしれませんね。 それでもダメな時や上記がなかなか難しい時には乳酸菌系のサプリメントなどに頼り腸内環境を整えるのもひとつの方法かもしれません。 もちろん長期間のひどい便秘にはその他の病気の可能性もありますので恥ずかしがらずに医師に相談をお勧めします。


それでもどうしても改善できない!そんな時には管理人おすすめ、あのフジッコの制作したサプリ、善玉菌のチカラ!今なら得する3大特典!さらにキャンペーンで半額! 詳しくはこちら →善玉菌のチカラがお得


アトピー


お肌が痒い!湿疹がひどい!慢性的におこる肌トラブルでストレスMAX!アトピー性皮膚炎をお持ちの方も生活環境を改善することで症状を軽減できるんです。つらいアトピーを軽減させて快適な生活を送ってみませんか?ストレスを感じると酷くなるのでそのアトピーの症状でストレスがたまりさらに・・・そんな負の連鎖を断ち切りましょう。


アトピーの原因


アレルギーの中で皮膚疾患などの疾患をアトピー性皮膚炎。その症状にも色々あり、原因はそれぞれありますが、 多い原因として体質としての親からの遺伝や、生活環境でのアレルゲン、ストレス、疲れなど多数の原因が考えられます。


遺伝:アトピー性皮膚炎は遺伝によりアレルゲンの影響を受けやすくなたり諸説あるようです。ですがアトピーの因子があっても発祥しない人もいるので生活環境による影響も大きいというのが現代の考え方のようです。


アレルゲン: アトピーを引き起こす原因のアレルゲンは様々ですが、食材やダニ、カビや花粉、動物の毛などが原因で症状が出ますので皮膚を清潔に保つということが大切です。衣服の繊維が原因の場合もありますので素材の確認も必要です。

ストレス: ストレスによるアトピーの悪化はストレスの緩和に使うコルチゾールがアトピー等のアレルギー症状の緩和にも使われている為、ストレスでコルチゾールが消費されるとその分、アレルギー症状が酷くなってしまいます。


過労・加齢: アトピーは加齢によりその症状が変化したり疲労などにより酷くなったりします。一度直ってもちょっとしたことで再発するのがアトピー 性皮膚炎ですのでヒドロから十分な休息を取ることが大切です。


アトピーの解消


上記の原因をふまえ、アトピー性皮膚炎を改善するアレルゲンの防御として食事で酷くなる方は自分が何を食べた時にひどくなるのかを知ることも大切です。また、同じ食材でも調味料などの化学物質が原因の人もいます。また、ダニ、カビ、花粉、動物の毛などの場合には外から帰ったら玄関前で衣服を叩いて最低限室内にアレルゲンを持ち込まない、室内でも掃除機をまめにかけたりお風呂でゆっくり体も清め心もリラックスを心がけることが大事です。着ている衣服が原因の場合は素材を変えたりすることも改善につながります。症状が重く敏感な肌の場合には、ちょっと高めですがオーガニック衣料の衣服を着ることも仕方の無い症状の方も。外的要因に対し、内的要因では腸内フローラを整えることで体内のアレルゲン物質を抑えることも可能です。腸内フローラとは小腸の終わりから大腸にかけての腸内細菌が大量に生息する場所のことでそこを善玉菌優勢にすることでアトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルゲン物質を出さないように改善が可能です。


腸内細菌について: 腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌があります。簡単に言うと善玉菌はおなかに良い影響を与える菌、悪玉菌はおなかに悪い影響を与える菌です。日和見菌とは中立の菌で、善玉菌が多い腸内では善玉菌の、悪玉菌が多い腸内では悪玉菌の味方をするちょっといやらしい菌です。善玉菌を増やすことで腸内を良い状態に保ちアレルゲン物質を出さない体質を作ることが大事です。大腸に はビフィズス菌(生きて腸まで届かなくては意味がありませんが)、小腸には乳酸菌を増や し腸内環境を整えましょう。


それでもどうしても改善できない!そんな時には管理人おすすめ、あのフジッコの制作したサプリ、善玉菌のチカラ!今なら得する3大特典!さらにキャンペーンで半額! 詳しくはこちら →善玉菌のチカラがお得


花粉症


春がくると憂鬱・・・花粉舞い散る季節になると涙ボロボロ鼻水ジュルジュル。目も鼻もまっかっか。そんなつらい花粉症の症状を抑えるためにはしっかりとした知識で自衛するしかありません。正しく知ることは全てにおいて快適な生活を送る上での一番の武器です。花粉症は服装、普段のちょっとした心がけ、食生活で改善できるんです。


花粉症の原因



アレルギー性鼻炎、通称花粉症の原因は文字通り植物の花粉による皮膚の炎症、くしゃみ、鼻水、鼻つまり、目のかゆみという四大症状が起こるもので、それにより口呼吸になったりのどの炎症や咳、痰が出たり鼻血、下痢、頭痛などの様々な症状を引き起こします。


花粉症の解消


>花粉症の改善するためにはまずは花粉を持ち込まないというのが一番です。花粉の舞い散る時期の外出にはマスクなどでできるだけ体が露出しないように心がけ、帰宅した際には玄関前で体を叩き、花粉を落とすことも大切です。帰宅後の手洗いうがいも同様ですね。また、室内も清潔に保ち、特に室内に持ち込まれたアレルゲン物質が日中は空気中に舞っているのですが、朝一は床に落ちているので朝一すぐに掃除機をかけることも室内の改善に効果的です。また、腸内環境を整えることでほぼ症状がでなくなったという方もおられます。花粉の多くは腸内で吸収されると言われています。腸内環境を整え、善玉菌を増やすことで腸内の免疫システムを高め、花粉などのアレルゲン物質を吸収しづらくできます。


腸内細菌について: 腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌があります。簡単に言うと善玉菌はおなかに良い影響を与える菌、悪玉菌はおなかに悪い影響を与える菌です。日和見菌とは中立の菌で、善玉菌が多い腸内では善玉菌の、悪玉菌が多い腸内では悪玉菌の味方をするちょっといやらしい菌です。善玉菌を増やすことで腸内を良い状態に保ちアレルゲン物質を出さない体質を作ることが大事です。大腸に はビフィズス菌(生きて腸まで届かなくては意味がありませんが)、小腸には乳酸菌を増や し腸内環境を整えましょう。


それでもどうしても改善できない!そんな時には管理人おすすめ、あのフジッコの制作したサプリ、善玉菌のチカラ!今なら得する3大特典!さらにキャンペーンで半額! 詳しくはこちら →善玉菌のチカラがお得


ヨーグルトと便通


毎日しっかり便通があればストレスも溜まらずお肌もスベスベなんて話も聞きますよね。毎日しっかりとした便通を確保するためにはヨーグルトがおすすめです。毎日のしっかり出すためには腸内環境を整える必要があります。腸内の善玉菌を増やすことによって毎日の便通をすっきりとしたものに変えることができます。では腸内環境を整える為にはどうしたらよいのでしょうか?ビフィズス菌と乳酸菌。どちらも良く聞きますよね。便秘予防には小腸に効く乳酸菌、すでに便通が悪い場合には大腸に直接効くビフィズス菌が効果的です。


有名メーカーの主な分別


有名メーカーの主な乳酸菌:LB81 ガゼリ菌SP株

有名メーカーの主なビフィズス菌:BB536 ビフィズス菌SP株Y


中には両方入っているものもありますがその分、量も少なめのものが多いです。自分の身体の状況に応じて食べ分けるというのも有りかもしれませんね。


ダイエット中でどうしてもカロリーが気になるという方、ヨーグルトでは効果が出ない、毎日食べるのは面倒などといった方には乳酸菌サプリを飲んでみるのも効果的な手段です。ぜひ一度、おためしあれ。


管理人おすすめ、あのフジッコの制作したサプリ、善玉菌のチカラ!今なら得する3大特典!さらにキャンペーンで半額! 詳しくはこちら →善玉菌のチカラがお得






コメント


SNSに投稿


このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ会えるSNS



アンテナ



ジャンル



※当サイトは管理人が気になった話について気になっちゃった分だけ調べてみた記事を随時配信しています。

乳酸菌で理想の腸内フローラに|アクトウェブ 気になる話題